FC2ブログ
FX業者の信頼性

人生を1000%楽しむ

楽しい「物」「事」をご紹介します。

 

賢い買い物術!激安「訳あり」アイテムが満載

自己啓発・願望実現

プロフィール

MajestyRuby

Author:MajestyRuby
人生を楽しむ為の情報を主に提供していきます。
当ブログにこられた方の良い情報源となれれば幸いです。
PS3はしばらくお休みです。
GTA5発売で復活!?

RSSリンクの表示
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『口は禍(わざわい)の元』の他視点解釈

「口は禍(災)の元」ということわざを聞くこともあると思いますが、ここでは一般的に知られている意味だけではなく、他の意味もあるだろうというマジェの見解を読んでいただきたい。
故事ことわざ辞典では、「話をするときには、言葉に注意して、わざわいを招かないようにせよということ。」と書いてある。
ことわざの意味から見ると、【口=言葉】として受け取ることができるが、マジェは「言葉」に関してのさらなる深い考察と他に2点追加してこのことわざを考えてみたので次に記載します。

ロ

1)言葉を発する口
話す相手に対して発する言葉を誤れば、対立・争い・誤解などを招くのは言うまでもなくご理解いただけるでしょう。しかし、これだけでは当たり前過ぎているので、ここでもう一歩踏み込みます。
独り言を言っている時、陰口をたたいている時も同じであることを考えたい。言葉も一つのエネルギー(波)であり伝播する。自分が発した言葉が一番大きく影響するものは何だろうか?
自分自身である。独り言でネガティブな事をつぶやいたり、仲間内で他人の陰口をしゃべっていれば、そのエネルギーを直に受け取っている自分にそれなりのネガティブな要素(禍)が引き寄せられてくる。言霊とも言いましょうか。
言霊というと、にわかに信じない方がいますが、仮に朝一番に「今日は最悪の一日になる」と100回程声に出して唱えて一日を過ごしてみてもらいたい。これで楽しい一日を送れる方は、相当心の強い方でしょう(笑)気分的に唱えるのが無理という方は深層心理で言葉の力を理解していると思われる。
逆に出来そうにないと思う事に対して「できる」と100回程唱えてみよう。それでも気分が変わらないなら1000回唱えてみよう。この手法は日本電産 永守重信社長が社員と一緒に行ったものです。これにより、できないと思っていたことが、できるような気になってきて様々なものが生まれたのですね。これが言葉の力。これから毎日どんな言葉を発しますか?


2)呼吸をする口
軽視されがちな呼吸だが、自分でコントロール可能な重要な要素であると考える。
リラックスしているときは深い呼吸になっている。落ち込んでため息をつくとき、緊張しているときは呼吸が浅い。この違いでどのような禍があるのだろうか。
人は空気中の酸素を呼吸により取り入れて活動している。呼吸が浅ければ酸素供給不足で人体の活動に様々な悪影響がでてくる。特にミトコンドリアには酸素は不可欠であり、健康・美容に直結し十分な酸素供給の必要性が伺える。
浅い呼吸は禍の元である。


3)飲食の出入り口の口
もうおわかりかもしれないが、食事も自分でコントロール可能な重要な要素であると考える。が、ここはもうちょっと深く考えていただきたい。
現代のテレビ雑誌等でよく取り挙げられているように、食と健康・食と美容等のように重要性はそれなりに理解していることと思うが、さらにここでは目に見えない部分もすこし追求してみたい。
目に見えない部分とは、各栄養素やあってはならない残留農薬や放射性物質等がそれに当たる。
通常ミネラルは野菜から摂るのが一般的だが、現代の野菜はミネラル不足だと言われている。野菜が栄養不足に陥っている。原因は環境汚染にあると思われる。できれば有機野菜等の安全な野菜を採取したいところである。
そして12月より始まったTPPにより海外から安い食品がこれから多量に入ってくる可能性があるのだが、輸入した際に日本独自で検査をしていないとの情報を聞いたこともあるので、まぁ・・・日本でも言えることだが安全かどうかは正直わからない。選択肢が多様になる分、消費者は慎重な目で判断したいところである。
一番問題かもしれないのが、福島原発による放射性物質の飛散。福島から遠方の地域でも微量ながら放射性物質は飛んでいるようである。飛んでるだけならまだしも、海洋汚染もされてしまったので魚介類は相当厳しいのではないかと思われる。
食事は人の身となりエネルギーとなる必須要素。日本の食の安全が今最高潮に危ないかもしれない。これらを乗り越える為の対策が必要となるのではないだろうか。食の安全を得るための対策に関しては今後、当blogやS級情報.comにて掲載していく予定です。
口から摂取する飲食が禍の元にならないよう注意していきたい。

tag : 言葉 酸素 飲食

嘘発見器「人」

以前にも記事にしたが、キネシオロジーの応用で真偽の判定、良否の判定が測定できてしまう。
思考をいくらめぐらしても判らない事でも、ミクロコスモスである人体は既に正確に答えを出している。例えば、現在日本では福島原発の問題があるが、政府や東電がテレビ等で発表しているコメントが真実か嘘かの判定ができてしまう。また、選挙において候補者が真実を言っているか嘘を言っているかも判定できてしまう。
判定のメソッドとしては、オーリングテストや0-1テスト、アカシックテスト等がある。


今回の記事に関しての詳細が書かれている書籍が「パワーか、フォースか 人間のレベルと測る科学」デヴィッド・R・ホーキンズ著 になるわけだが、この書籍の翻訳者であるエハン・テラヴィ氏は日本で数多くの公演を行っており、その中でキネシオロジーを実演している。その動画が見つかったので次に紹介しておきます。

パワーか、フォースかの中や上の動画では測定するのに2名必要になるので少々不便さを感じると思うので最初にも紹介したメソッドを使えるようにしておくと面白い。オーリングテストや0-1テストやアカシックテストは1人でいつでも可能になる(オーリングテストだけは条件付き、基本は2名となる)

マジェは主にアカシックテストを使用しているが、訓練を積んでそのうちナンバーズやロトの数字選択に役立てようと目論んでいる(笑)
未来の判定は意識レベルを高めないと精度が上がらないようなのである。先日、訓練が初期段階であるにもかかわらず、ナンバーズ3のストレートを狙ってみた。
結果は、1つの数字は的中し、残りの数字はどちらも1こズレで外した結果となった。(非常におしい!?w)

キネシオロジーから派生した真偽の判定方法

キネシオロジーというのは、訳すと「運動機能学」となり身体運動を研究する学問になるわけですが、医療・治療系でのキネシオロジーを、「アブライド・キネシオロジー」(応用キネシオロジー)と言うようです。
さらにそのアブライド・キネシオロジーを応用した理論が「パワーか、フォースか」デヴィッド・R・ホーキンズ著ですが、この本に書いてあり

  • 人、物、組織、団体等の意識レベル(1~1000)の測定
  • ものの良し悪し、真偽の判定
  • 過去、未来の真偽の判定
等など、結構分厚い本ですのでありとあらゆる事が書いてありますが、まとめた話をすると
自分の頭ではわかってなくとも、身体はすでにわかっているということなのですね。
ホーキンズ氏はこのテストを何万回と調査し、確信を得て出た理論なのであるいみ、もう嘘発見器とか占いなんていらない!?なんて事になりますよね。

きになるその調査方法ですが、パワーかフォースかに掲載してある方法でもよいのですが人数が2名必要なのでいつでもどこでもっというわけにはいきません。これ以外の方法として挙げられるのは

  • オーリングテスト(O-RING-TEST)
  • 0-1テスト(ゼロワンテスト)
  • アカシックテスト
等があります。オーリングテストも基本は2名で行いますが、一人でも出来るようです。0-1テスト、アカシックテストは1人でできます。
0-1テストの詳細はこちら
アカシックテストに関しては手軽で簡単【能力開発実践法】にて訓練法が販売されています

色々調べてわかってきましたが、未来の判定になってくると最初から上手くはできません。上達した方・パワーかフォースかで言う意識レベルの高い人でないと、判定の確立は上がらないようです。
また、自分の事に関連する判定も最初は曖昧な答えしか返ってきません。自分の都合の良いように考えてしまう癖がどうしてもありますからね。無心の問いが必要のようです。

日本人にピッタリの能力開発をみつけた気がする

中学生の頃からか、願望達成や能力開発には興味があった。
成人になってからは、自慢になりませんが人並み外れた苦労もして(現在もそれなりに大変ですが)
色々な開運方法や自己啓発や能力開発に取り組んできたつもりでした。

しかし、どれもパッとしなかったのが事実でした。
インターネットも普及し、情報が蔓延する中本当の事を知るのが難しくなったようにも思えます。
しかし「求めれば与えられる」という引き寄せの法則を信じ情報を求めてきた結果、最近特に色々わかってきたかと思います。

目に見える事だけに縛られてはいけない事。
人の生き方も宇宙の理にかなった生き方が一番喜ばしい事。
世の中は思いのほかシンプルにできているという事。
等等です。

能力開発にしても非常にシンプルな事でできるんだという最近の直感が働き、「マントラ真言)」と出会いました。
宗教の真言宗とは関係ありません。

ここでブログ読者の方に一つの無料のメルマガを紹介します
奇跡を呼ぶS氏の能力開発
僕はここに書かれている事を毎日実践しようと決めました。
1週間か10日程前から開始しまして、今のところ大きな変化はありませんが、何かが確実に変化してくるような確信があります。
サイトもついでに紹介しておきます。
手軽で簡単【能力開発実践法】

また何か変化がありましたら、こちらのブログに掲載していく予定です。

tag : 能力開発 能望 真言 マントラ 願望達成法

願望達成に向け手助けとなってくれるもの

最近「音楽療法」というキーワードから

「Hemi-Sync(ヘミシンク)」「明晰夢」「体外離脱」等のとても興味を引くキーワードに繋がってきました。

ヘミシンクは簡単に言いますと、人の身体や心に働きかける【機能性ミュージック】

もっというと、モンロー研究所で開発された技術で音で脳を特定の脳波に導く効果があるものです。

興味のある方は「ヘミシンク」で検索をしてみると色々とわかると思います。


で、ヘミシンクと明晰夢や体外離脱がどのように繋がってくるのだというところですがw

モンロー研究所という所は、ロバート・モンローというアメリカの超心理学者が創設した研究所でありまして

この方は「変性意識状態(体外離脱)」の研究を行っていた方なのです。


ヘミシンクのキーワードで検索された方は目にしたかもしれませんが、体外離脱へ導く為のCDが

発売されているんですね~すごい!

実際体外離脱をサポートするCDだけではなく、勉強や健康、睡眠、瞑想等をサポートしてくれる様々なものがあるんですね~


こんかいカテゴリが「引き寄せの法則」で書いているんですが、

最近ヘミシンクのシリーズの中に「願望実現」「引き寄せの法則」をテーマにしたものがでていたのでおもわず買ってしまったわけですww

ついでに、ちょっと体外離脱は怖い感じもしたので明晰夢を見れるようになるための訓練のサポートをしてくれるDVDも買いました

明晰夢(めいせきむ)って最近自分も初めて聞いた単語だったんだけど

明晰夢とは、夢の中でこれは夢だ!と認識できている状態のことのようです。

明晰夢を見ることに慣れてくると、自分で夢のストーリーを作ることも可能になってくるとのすごい楽しそうな情報を目にしたので「これは習得せねば!」と思ったわけですww


話は引き寄せの法則に戻しますが、ヘミシンクによる具現化のCDを手にしてから聴けるときには聴いて

自分の願望実現へと頑張りたいと思います。

途中経過などはこのカテゴリで報告していきますので興味のある方はまた見に来てください(*´ェ`*)
お小遣いを増やそう!

↑ご利用はスマホかタブレットで。また、3Gか4G回線が利用できる端末でご利用下さい。
※Wi-Fiでの利用は非推奨
登録はGmailでの登録がお勧めです。

▶お小遣い携帯アプリの仮登録はこちら◀

Amazonサーチ
楽天市場
ヤフーオークション
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。